アユタヤで夜の散歩は本当に危険? Night of Ayutthaya

アユタヤで夜の散歩は気をつけないと危険すぎる・・・

昼間はのどかな観光地であるアユタヤですが、夜は大変危険だと聞いていた。何が危険なのか、後ほど説明します。 

f:id:flow3r:20180719024229j:plain

f:id:flow3r:20180719024226j:plain

日中は自転車でアユタヤ観光!

遺跡に圧倒されっぱなしで少々疲れました。

f:id:flow3r:20180719022551j:plain

自転車で観光したため、すっかり日焼けしてしまいました。

 

ホステルで休憩

f:id:flow3r:20180719022558j:plain

こんな可愛いホステルに泊まっていました。非常に快適!

ちょっとラブホっぽいか?!

でもこれで1泊2000円しません!

日中の観光に疲れたので夕方はしばらくベッドで横になっていました。

 

f:id:flow3r:20180719024232j:plain

横になっていたらもう夜も遅い時間になっていました。

しかも外は雨が降っている。

(この頃、日本では大雨に見舞われていた頃)

ちょっと小雨になってきたので急いで目的のレストランへ。

勢いよくホステルから道に出たら思いっきり水たまりに片足を突っ込んでしまった・・・あぶないあぶない・・・

Raan Tha Luang Dinner Cruise 川エビのグリル クンパオ

Googleで検索して川エビが食べれるところを調べておいた。

なんでも名物なんだとかで絶対に食べて見たかった。

f:id:flow3r:20180719045032j:plain

河沿いにありロケーションバッチリ!!

時間帯によりクルーズランチ、クルーズディナー営業もしてたり、レストランでライブの生演奏を楽しむことができる。俺が行った時は閉店間際で演奏はなかった。残念!

さて注文です!

f:id:flow3r:20180719024251j:plain

値段を聞くと「時価」とのこと・・・

ここまできたら食べないわけにはいかない。

その中でも最も小ぶりのやつをオーダー

川エビはグラムで値段が変わるそうです。

おそろしいおそろしい・・・

 

f:id:flow3r:20180719024248j:plain

川エビが出てくるまで海鮮ビーフン炒めを堪能

f:id:flow3r:20180719024254j:plain

少しスパイシーで海鮮類は新鮮でプリプリ!

めちゃくちゃうまい!!!

 

そして来ました!!!

 

川エビのグリル!!!

f:id:flow3r:20180719024222j:plain

川エビのグリル!!!

f:id:flow3r:20180719024219j:plain

 

f:id:flow3r:20180719024213j:plain

身はぷりっぷりで味噌も濃厚!!!

いやぁ、、食べてよかった!!!

 

さてお会計は・・・なんと870バーツ(約3000円)

ホステル代よりも高い!!

でも伊勢エビ食べてこの値段でこのクラスのレストランだと妥当な値段か・・・

露店などだともっと安く食べれるようです。今度、チャレンジしたい。

さて宿へ帰りましょう。

 

アユタヤの夜は気をつけないと言われていたけど、歩いていても別にそんなことはない。人もすごく少ない。しかし奴らは現れたのだ・・・

 

f:id:flow3r:20180719024239j:plain

ささささっ・・・・

おお、こっちにくるのか?!

 

アユタヤの夜は野良犬に気をつけなければいけない

どこかの記事で「アユタヤは野良犬が多いので夜は特に気をつけなければいけない」と書かれていました。

野良犬が横を通り過ぎるぐらいなら別に怖いことはないのだが、かなり近くに寄ってこられると流石に怖い。噛まれたら狂犬病の恐れもあるし病院に行かなければいけないのでかなり面倒だ。

 

f:id:flow3r:20180719024245j:plain

 

ワンワン!!!ワンワン!!!

 

しまった!!!

 

f:id:flow3r:20180719024207j:plain

数匹の野良犬に囲まれて吠えられてしまった!

歩いていても吠えながら周りを囲んでしばらくついてくる。

これはまずい・・・

 

もしかしてこれが原因か?

 

手に持っていたスマホをカバンに入れて両手を空けた。

野良犬たちに両手に食べ物など何も持っていないことをアピールすると、吠えるのをやめて離れてくれた。

 

やっぱり手に持っているものが食べ物か何かに見えたんだろう。

食事後だったので美味しい匂いもしていたかもしれない。

 

しかしまぁ、冷や汗をかいた。

夜のアユタヤは気をつけなければいけない。