自己愛性パーソナリティー障害とは?

自己愛性パーソナリティー障害とは?

人格障害の中に自己愛パーソナリティー障害というものがあります。

自尊心、プライドが高い反面、自分自身に自信が無く、自己正当や印象操作などをして自分を良く見せようとします。他人にアドバイスされても自分の異常性を認めたがりません。自己愛パーソナリティー障害とはどういったものなのか、特徴をあげてみます。

 自己愛性パーソナリティー障害の特徴

  • 他人の評価に敏感
  • 自分が他人にどのように思われているか常に心配である
  • 自分は特別に優れていると思いこんでいる
  • 成功や理想の愛(ビジネス)を妄想する
  • 自分の目的のために平気で人を利用する
  • 嫉妬心が強い
  • 尊大で横柄な態度をとる

これらが自己愛の強い人の傾向です。

これらのことは誰にでも多少はあることですが、自己愛性の人ははっきりとこの個性が表れており、ときに人間関係でトラブルを起こしてしまいます。

 

自己愛性パーソナリティー障害の人の他人への粘着と軽蔑

自己愛性パーソナリティー障害の人ははじめはとても優しい人に見える場合があります。すごいと褒めてくれたり、励ましたりしてくれます。それは他人を見るときに極端に理想化してしまう癖があるからです。でも自分に見返りがないとわかったり、相手に嫌な性格などが見えて来ると途端に罵倒し始めます。ボーダー(境界性パーソナリティー障害)と似ていますが、自己愛性とは少し性格が異なります。 
 

優しくしてくれる人の言動がおかしいなと思ったら距離を置くようにしてください。

また優しくしてあげたのに人が離れていくというような経験がある人は、自分が自己愛性パーソナリティーではないか考えてみてください。そして幼少の頃、どのように育てられたかを思い出してください。

 

自己愛性パーソナリティー障害になる原因

自己愛性パーソナリティーの原因は主に幼少の頃に過保護な愛を受けていたり、兄弟同士で比べられていたりするのが根底にあると言われています。 愛情のバランスが崩れた家庭環境で育ったので、過保護にされた人はすべての愛情は自分だけに向けられるべきと考える傾向がありますし、逆に兄弟間で比べられた人はなんとしても親の愛情を自分だけに集めたいが為に異常な努力をする傾向があります。

何が何でも自分が一番注目されたい、評価されたいと思い、そこに異常な執着を見せる場合があり、人間関係でトラブルを起こしやすくなります。

 

「お兄ちゃんはできるのにどうしてあなたはできないの?」 などと叱ってしまうお父さんお母さんも気をつけてください。

自己愛というのは誰でも持っているものですが、そのバランスが大切です。

  

面白いほどよくわかる!心理学の本

面白いほどよくわかる!心理学の本