「嘘を愛する女」は愛と向き合う映画だった|長澤まさみ・高橋一生

嘘を愛する女」は愛と向き合う映画だった|長澤まさみ高橋一生

久しぶりに映画館に映画を見に行きました。本当に何年ぶるだろうか。

映画館で心配なのは「途中でトイレに行きたくなること」です。2時間近くじっとしていられないのもあります。だからできれば席は通路側に席を取ります。今回も1時間もしないうちにトイレに行きたくなり、席を立ちました。トイレが近いといろいろ大変なんです。

映画の内容ですが、泣きました・・・

 「嘘を愛する女」あらすじ

監督   中江和仁

出演   長澤まさみ高橋一生、DAIGO、川栄李奈黒木瞳吉田鋼太郎[嘘を愛する女

上映時間:117分 

 

この映画を観たくなったのは、高橋一生くんの演技を観てみようかと思ったからです。ドラマ「カルテット」から彼の演技にはまってしまいまして。

ちょっとネタバレになるかもしれませんが、一生くん目当てにこの映画を観に行くと肩透かしを食らうかもしれません。ということで、高橋一生くんの出番は結構少ないですよ。観ていても、あ!ここでこうなっちゃうの?!もう出番ないの?!って思いましたもん。

でも、好きな俳優やアイドルの出番がないからといって、「映画にがっかりだ」というファンは映画のファンではないんだろうなと思う。(ちょっとこういう感想を読んでしまたので)ストーリーを楽しんで欲しいなと思うんですよ。

  

ネタバレしない程度のあらすじを書きます。

五年間同棲している男(小出桔平・高橋一生が、実は職業も名前も全く嘘だった!!真実を知りたい女は探偵(海原匠・吉田鋼太郎)に身元調査を依頼し、女(川原由加利・長澤まさみ)も自ら真実を探り始める。

彼氏が名前も職業もデタラメだったって、衝撃ですよね!女は半狂乱になります(笑)

 

高橋一生くんの役どころですが、真実に迫るにつれて観るのが苦しくなってきます。真実を知った時は思わず泣いてしまいました。これは一生くんの演技力もあるからですが。泣かされた!って感じがしました。

好きな人が嘘をついていても許せますか?

事情はあるんんだろうけど、愛する人が嘘をついていた場合、あなたならどうしますか? って問いかけてくる映画でした。ストーリーは最終的にそういうところに向かっていきます。

そういうところが「嘘を愛する女」ってつながってくるんですが。

由加利はどちらかというと仕事人間で、付き合いも頑張る方で夜中遅くに帰ってくるタイプ。桔平は医大生なので家にいる時間も多く余裕もあり家事全般をやっている。共依存というのかな。

でも桔平が或る日突然、くも膜下出血で倒れ意識不明になって昏睡状態になって、職業も名前も全部嘘だとわかって、すごく腹を立てたり、真実を突き止めたくなったりする中で、自分の中の本当の気持ちを確認していく。

(個人的に、細かいところで突っ込みたいところはたくさんあったけど・・・)

 

深刻なシーンもあったけど、笑いどころもあったり、メインは主人公の女性と探偵さんのミステリー紀行みたいな感じで、楽しむことができました。

 

今までの人生が絶望的だったとしても、今寄り添っている人やこれから出会う人と、これからの人生、あなたなら何がしたいですか? って問われている気がして、絶望組としてはいろいろ考えさせられる映画でした。

 

久しぶりの映画館はやっぱりいいですね

f:id:flow3r:20180225215155j:plain

f:id:flow3r:20180225215158j:plain

f:id:flow3r:20180225215202j:plain

 

映画の後の焼き小籠包

f:id:flow3r:20180225215205j:plain

店員さんが中国語!

ってことで、本格的な中華を楽しめました。

f:id:flow3r:20180225215210j:plain

お店の名物「焼き小籠包」はコラーゲンたっぷりのスープが中に入ってて「おいしい!」黒ごまがのってて香ばしさがいい感じ。

f:id:flow3r:20180225215214j:plain

水餃子も好きなタイプのもっちりタイプ!めちゃうまでした。

今度、他のメニューもチャンレンジしたい!

「中華を愛する男」

(完)・・・じゃなくて、つづく!

 

PS:ラスト、やっぱり高橋一生くんの演技、めちゃくちゃよかった!

 

flow3r.hateblo.jp