Ten-Say BLOG

Don't You Worry 'Bout A Thing

移転しました。

コンビニは24時間営業をやめればいい

コンビニが社会のインフラ?コンビニ24時間営業の問題

コンビニオーナーの苦悩が取材された記事が出ています。

コンビニは食料やお菓子のほかにも日用品、本、雑誌、ATM、宅配便、役所関係の書類を出すこともできるようになっており、現代社会ではなくてはならないものになっています。確かに便利なのですが、フランチャイズで営業されており、それぞれのルールを守らなければ営業できません。

www.bengo4.com

近所のコンビニでも老夫婦オーナーが、いつ寝てるんだろう?ってぐらい仕事をしています。店員さんも主婦層が多く暮らしの糧になっているのでしょう。そういった人の労働が あってこそ、いつでも物が買えるようになっています。

とりあつかう業務が多い割にアルバイトの時給は高くもなく、オーナーも事業レベルでみればそんなに儲かってそうにないようなイメージがあります。

せめて夜間から早朝、電車が動いていない時間ぐらいは、一時閉店してもいいんじゃないかと思う。年中24時間営業というのはオーナーさんにとってはストレスになっているんではないだろうか?

深夜にバイトする人は暇な時間に働けて、時給も日中よりもよくていいのかもしれないけど。

コンビニは24時間営業をやめればいい

コンビニの深夜営業はアルバイトの人件費がかかる上に、売り上げが落ちる時間帯です。忙しい時間帯、日中に働く人の人件費の方が安いのも、働く人にとっては何か納得がいかないかもしれませんね。

マクドナルドなどは、24時間営業の店舗もありますが、6時30分〜23時の営業時間の店舗も多いです。

コンビニの場合、終電後も売り上げが上がると思うので現実的には深夜1時か2時に閉店というのがよさそう。

24時間営業を強制するのではなく、深夜は閉店するのもOKにして、どの時間帯で営業するかを、フランチャイズ契約時にオーナーが自由に決めることができれば、オーナーさんの悲痛な声も軽くなると思います

なんせ、働き過ぎで低収入っていうのが一番の社会悪な気がします。

 

こちらはスーパーが取り上げられていますが、コンビニの恵方巻きノルマも毎年ニュースになってる・・・変わらないねぇ。

nlab.itmedia.co.jp