いよいよ書店がなくなる?! アマゾン、出版取次外し加速 印刷工場から直接調達

いよいよ書店がなくなる?!Amazonが出版取次を外す予定

アマゾン、出版取次外し加速 印刷工場から直接調達

アマゾンジャパン(東京・目黒)は書籍や雑誌を印刷会社から直接取り寄せる。文芸春秋など出版社に注文した雑誌などは出版取次会社を介さず、印刷工場から自社倉庫に仕入れる。

 これにより、出版取次も書店も大打撃をくらいそうである。

www.nikkei.com

出版取次とは?

日本の本の流通は独特で、今までこの「出版取次」を経由して全国の書店に本が並べられていた。 日本国内の一般書籍取次は以下の会社が行っている。

日本出版販売(日販)、 トーハン大阪屋栗田中央社

 特に日販、トーハンがそのほとんどと言ってもいい。

出版社が印刷工場に本の印刷を依頼し、印刷された本は、出版取次業者が全国の書店へ届ける仕組みだ。書店に並べられた本は、書店が買い取るのではなく、売れない本、売れ残った本は返本が可能だ。その返本された本は、注文(取り寄せ)が入った書店に送られる。書店にとって都合のいい、非常に合理的な仕組みでした。

しかし昨今、Amazonなどの通販が本の売り上げの大半をしめるようになり、小さな書店は次々と閉店していき、現在は大型書店も閉店してしまう勢いだ。

今まで中間に入っていた出版取次業者を通さずにAmazonが本を仕入れるようになると、中間流通コストを削減できるAmazonがさらに優位になるでしょう。 

いよいよ書店がなくなる日が来るのか?

書店で買うよりも通販で買うことが多くなっている現在、大型書店もさらに打撃を受けそうな予感。書店好きとしては寂しい限りですが、やはり書店へ行く機会ってすごく減っています。

小さな書店が閉店していく中、コンビニの書籍コーナーが徐々に充実しています。時代の変化を感じずにいられません。

 

いよいよ書店がなくなる?! アマゾン、出版取次外し加速 印刷工場から直接調達 - いぬろぐ ▽・ω・▽

書店が生き残るのはどうすればいいのか?ますます深刻な問題に。書店のオーナーがコンビニのオーナーに変わるという時代も来るかも。コンビニブックカフェってあるといいかも!

2018/02/01 16:57