西宮市長 政界引退表明 発言確認記者に「殺すぞ」今村市長の報道について

西宮市長 政界引退表明 発言確認記者に「殺すぞ」

今村岳志市長、政界から引退ですか、、

兵庫県西宮市の今村岳司市長(45)は4日、庁内会議室での幹部向けの仕事始め式で「市長選には立候補いたしません。今後はいかなる政党や選挙にもかかわるつもりはない」と述べ、任期満了に伴い4月22日に投開票される同市長選に出馬せず、政界から引退すると表明した。

「殺すぞ」という発言は、公の場ではあってはならないですね。居酒屋で愚痴っているわけではないのですから。

今村さんは26歳で市議会員になっています。私は何かのイベントで今村さんとお会いしたことがあり、同年代ということで挨拶をさせていただきました。

今村さんは「熱い人」という印象でそれは今も変わりません。市長にまでなられて、素晴らしいとしか言えません。でも最近の問題発言などは気になっていました。ついに政界から引退ですか、、

今村岳志市長、政界から引退

今村市長の問題発言

今村市長は2014年4月の市長選で初当選。「偏向報道」と判断したら取材拒否すると発表したり、中高生向け行事で「中高生時代にたばこを吸った」などと発言して市議会から撤回を求められたが、拒否したりした。 

 今村さんは平たく言うと「ヤンキー」だったそうです。でも大人になるにつれ、社会の大人のルールに疑問を抱いて、「どうしたら変えられるねん?」と思って「政界に入るしかない」と思われたそうです。まさに努力と行動力で市議会員になり、市長になられたんですね。

今村岳志ブログで心情を公開

今村さんのブログでご自身が今回の真相を語っています。

結局ふさわしい人物が市長を務めなければ根本的な解決はないと思い知りました。
あの困難において、市議会議員はあまりに無力でした。
西宮にゆかりのある優秀な経営者に、
西宮市長となって西宮を救ってほしいと、口説きにすらいきました。
自らが市長となって西宮を救うしかないと結論したのは、7年ほど前のことでした。 

今村岳司 活動日記

 

若いころ尊敬していたある政治家は、
私に「最低2期はやりなさい」と言いました。
彼になぜ2期かと問うたとき、彼はこう応えました。

有権者の信頼を得るのに1期はかかるから
自分の色は2期目に入らないと出せない。
職員の信頼を得るのに1期はかかるから
役所は2期目に入らないと動かない。

市長選から1年半経った時点で、
私はすでに市民の確かな信頼を実感していました。
そもそも私は自分の色を出したいと思って市長を志したわけではありません。
西宮の政治の惨状を救うことが私のすべきことであって、
文教住宅都市西宮の忠実なシモベである私の出したい色は文教住宅都市色でした。

それに、私とみなさんとなら、4年でやり切れる。そう思いました。
私がみなさんの信頼を得たのではなく、
みなさんは文教住宅都市西宮を再建するという仕事に、もとより向かっていました。
私が市長として登庁した時点ですでに、
あたらしく始まる冒険に向けた心構えはできあがっていました。
私とみなさんは初めから同じ目標の下にあったのです。
私と西宮市役所には「2期」は長すぎると思いました。

今村岳司 活動日記

 

これからの5ヶ月間、みなさんは私とやり残したことをやり切りましょう。
引退を決めた政治家に怖いものは何もありません。
まだ時間はありますので、みなさんがやるべきだと考えている挑戦は、
この5ヶ月で私を使ってやり切ってください。

今村岳司 活動日記

報道では今村さんの悪い印象ばかりがフォーカスされていますが、今村さんの日記からは今村さんの考えや潔さを感じました。

青年期を政治に投じた彼ですから、今後はご自分のやりたかったことをされるのかな。

とはいえ問題発言には釈明をしてほしかったですね。

 

PS:先ほどニュースで釈明会見の様子が流れていました。

www.asahi.com

「殺すぞ」という暴言までの経緯

年末年始の休みに読売新聞の記者が今村さんの家(私有地)に入ってきたので、今村氏は「今、取材を受ける気はない」ということを伝えた。その後、今村氏はそのことについて読売新聞社に抗議をした。1月4日の仕事始めにその記者が現れたが、不法侵入してまでの取材要求に対する謝罪はなかった。そのことに腹を立てた今村氏は「殺すぞ」という暴言を吐いてしまったそうです。

今村氏は現在はそのことに関しては、読売新聞の記者が不法侵入に対して謝罪があるなら、自分も謝るという意向を示している。読売新聞側の対応が気になるところですね。

 

私が予想するに、読売新聞側の今村市長に対するいやがらせ、揚げ足取りを狙っていたのではないかと見ています。今村氏には(多少はあれど)実質的な問題発言や行動はないのですからね。強引に今村氏の家まで取材に行き不快な思いをさせたのは記者側です。

関西でいう「殺すぞ」は「そのぐらいにしとけや」という意味あいもあるのですが、それを差し引いても市長が言う言葉ではなかったかも、です。

それと不法侵入の時点で警察を呼んで証拠を取っておけばよかったですね。

今村氏を失脚させたいがために腹を立たせて暴言を吐かせるために行っていたのではないでしょうか?こういう取材の仕方は本当に腹立たしいですね。

 

この記者、気持ち悪いやろ。

 

 

読売新聞側と食い違いがあるので、不法侵入の時点でやはりすぐに警察を呼んでおくべきでしたね。

 

市長・政界引退についてはこの件とは関係なく、以前から「市長の任期は一期だけ」と決めていたようです。