セミリタイヤという生き方

セミリタイヤという生き方

セミリタイヤという生き方を知ったのは数年前だった。それまではそんなことはできないと思っていた。今後も何らかの労働をしてお金を稼がなきゃいけないと焦っていた。ぼくは、人生に失敗してしまったからだ。

 人生の失敗

僕の人生の失敗は、はやくにフリーランスになってしまたことだ。20代、30代を自由に生きたことで、40代前後での再就職がとても難しかった。やはり将来的には独立するつもりで物事を進めるしかなかった。

 

心理カウンセラーになろうか?

セラピストになろうか?

画家になろうか?

カフェのオーナーになろうか?

 

どれも真剣にやった結果、どれもある程度の結果を得ることができた。でも、それで独立するには金銭面やスキル面でまだ足りなかった。足りなければ足りるまでやればいいけど、心身ともにポンコツになってしまった・・・

今でも無理ができない。

 

ブラック企業で何があったかはこのあたりの記事を読んでください。 

 

半強制的にサラリーマンができなくなって得たもの

最悪な状態からなんとか抜けることはできた。

子供が社会人になってくれたのも大きい。
子供を育て上げてると楽ですよ。(というとジジイみたいだけど、自分んでいうのも何だけど見た目は30代後半で通るくらい若い)

趣味程度のやりたいことはあるけど、その他はやってもやらなくてもいいことがあるだけだ。強いて言えば、いろんなところに旅してみたいということだ。

 

セミリタイヤ、もうちょっとお金の余裕が欲しいけれど順調です。

俺はやれる。必ずやれる。