天才ブログ

天才ちゃん夜明けに眠る

スマホ写真術、セブンスイーツアンバサダーのイベントに参加して学んできた|セブンイレブン

f:id:tensaychang:20170725205712j:plain

スマホ写真術をセブンスイーツアンバサダーのイベントに参加して学んできました。

セブンイレブンは「セブンスイーツアンバサダー」というのを募集していて、参加すると割引クーポンがもらえたり、公式イベントに参加できたりします。

 

メンバー数 53000人突破

登録したセブンスイーツアンバサダーはSNSで食べた感想などをつぶやいているというわけです。

 

セブンスイーツアンバサダー フォトワークショップ

7月17日大阪の某所で行われました。

参加者は大半が女性でしたが男性もちらほら。

 

講師 フォトグラファー・ブロガー 中山記男さん

素敵な写真をTwitterInstagramにシェアしてくださっています。

司会 岡崎奈々さん

 

素敵な司会者さんがいらっしゃるわ!
ということで無論最前列のテーブルに座りました。

 

今回試食&撮影したのがこの3種類

  • 沖縄産シークワーサーのレアチーズムース

  • 沖縄県産紅芋の生スイーツポテト

  • まるでパインを冷凍したような食感のアイスバー

発売前とあって参加メンバーのテンションは上がっていました。

 

f:id:tensaychang:20170725205715j:plain

どれもこれも本当においしかったです!

味の感想はこちらの記事にまとめました。


この記事では学んできたスイーツ(料理)の撮影ポイントを書きますね。

  

スマホ撮影基礎

スマホカメラの特徴

f:id:tensaychang:20170725205707j:plain

  • スマホレンズは広角
  • デジタルズームは写っている画像を切り取っているだけなので、実は画質が悪くなるだけ
  • 広角レンズなので寄りの撮影が苦手
  • 明るいところ暗いところがにがて
  • ボケがある写真が苦手

スマホカメラのメリット

  • アプリで画像を様々に加工できる
  • 撮った写真をすぐにネットでシェアできる

 

スマホカメラでできることは少ないけど、コツを覚えれば簡単!

f:id:tensaychang:20170725205700j:plain

  • 露出調節をする
  • ピンボケを防ぐ
  • 手ブレを防ぐ
  • いらないものを写さない

 

露出調整

  • フラッシュは使わない
  • 少し暗めにとる
  • インスタで明るく

フラッシュを使うと料理の素材の感じなどが飛んでしまいます。

少し暗めに撮らないと色飛びしてしまい、後で調整ができなくなります。
投稿するときにアプリの画像調整で少し明るくしてやると綺麗に色が出る。

 

iPhoneの場合、カメラを構えてスマホ画面を長押しして上下に動かすと露出調整ができます。

これが露出を上げた写真

f:id:tensaychang:20170725205719j:plain

これが露出を絞った写真です。真っ暗ですね。

f:id:tensaychang:20170725212233j:plain

明るすぎるところでは露出を絞り、暗すぎるところでは露出を開いてやる(上げる)のがポイントです。

 

ピンボケ・手ブレを防ぐには?

  • とにかくたくさん撮る
  • スマホを両手で支えて正しく持つ

f:id:tensaychang:20170725205648j:plain

f:id:tensaychang:20170725205652j:plain

プロでもひとつのものを撮影するのに、とにかくいっぱい撮っておくんですって。そのなかから数枚、使用する写真を選ぶのだそうです。

 

余計なものを取り除く

食べかけや汚れたカトラリーは写さない。

使用済みのゴミなどが入らないようにする。

不要な背景が写っていると写真も綺麗にまとまりません。

パッケージは綺麗にはがさないと、写真に汚く写り込む。

f:id:tensaychang:20170725212809j:plain

例えばこれなんか、背景にいろんなものが映り込んでいて、人まで入り込んでいます。こういう写真はあまりよくないんですね。

 

写す角度

  • 真正面
  • 斜め
  • 上から

この3種類を撮影し、おいしそうに見えるものを投稿する。

 

ここまでが撮影基礎!

 

スマホ撮影実践

写真を撮る際のポイント

  • おいしそうか考えながら撮影する
  • 光を意識する
  • テーマを作る

f:id:tensaychang:20170725205703j:plain

この写真はシーサーが食べたそうにしているのと、手前のスプーンにピントが合っていて後ろがちょっとボケているという、スマホではちょっと出しづらい難しい撮影です。

光もスイーツが立体的に見えるように当たっていて、なかなかいい写真じゃないかと思います。

 

食いしん坊じゃないとおいしい写真が撮れない!

と講師の先生がおっしゃってました。

 

そうなんですよね!

 

セブンスイーツアンバサダーはみんな食いしん坊!!

参加した隣の女性に話を聞いたのですが、

とにかく新商品はほとんど食べてます」とのこと!

わたしもかなり食べてますが、さすがですね。

 

 

テーマを決めて撮る

かわいい、ジューシー、甘そう、美味しい、本格的などテーマを決めて撮るとそれに近づく。何も考えてないとテーマのない、何も感じない写真になる。

f:id:tensaychang:20170725205715j:plain

この写真もいいんですが、夏らしい沖縄らしい感じがあまり伝わってきません。

 

f:id:tensaychang:20170725205656j:plain

この写真だと夏っぽい明るい感じが伝わってきて、スイーツを食べる楽しさも伝わってきます。

 

ぼくは写真には自信がありましたが、それでもスマホの使い方は勉強になる点が多かったです!

 

あなたも今すぐ真似できるポイント

ブログやInstagramなどに投稿するときに写真を何の調整もせず投稿している人って、けっこう多くいると思います。

アプリなどで写真を明るめにする(露出を上げる)と発色が良くなりきれいに美味しそうに見えます。

f:id:tensaychang:20170725213903j:plain

この写真も撮影した時よりアプリで少し明るくしています。 

 

イベントの様子はセブンイレブン公式サイトでも掲載されています。
わたしの姿もちらっと見えます。

 

参考に!