天才ブログ

天才ちゃん夜明けに眠る


唯一穏やかでいられる時間は1人でいる時さ(プリンス)

「唯一穏やかでいられる時間は1人でいる時さ」

私はこの文章を読んだとき「あーー!」っと叫びそうになった。

まさにその通り。

 

これはプリンスの1995年のインタビューの一部です。

―いつもリラックスしていますか?

「いや」

―リラックスできたらいいのにと思う?

「そうだね」

―どんな風にリラックスしようと心がけますか?

すると突然、プリンスを飾っていたものが消え去った。常時無敵のスーパースターの雰囲気がなくなった。彼は声を低くして、ソファにまっすぐ座り、床を見て、突如不確かになった。

 

「唯一穏やかでいられる時間は1人でいる時さ。そして、それが実現するのは唯一、神といる時だ。僕は時々そうする。幸せじゃないような時にね。神は僕がやっていること、すなわち僕自身の音楽をやり続けるように言うんだ。僕はいつもハッピーさ。悲しくなんてならない。スローダウンすることもない。常に音楽で忙しいんだ」

nme-jp.com

 

「一人の時が一番リラックスする」ってものすごく共感した。

リラックスしている時って、誰かと一緒にいるときじゃない。

ひとりで何か考えたり、何かを作っている時、すごくリラックスしている。それで寂しいなんてあまり思わない。ひとりがいい(笑)

 

 

当時のプリンスのインタビューはこんなスタイルだった。

  • 録音NG
  • メモNG
  • 「君は友達と話をするのに録音したりメモしたりするのかい?」
  • 「普通に話して覚えてることを書けばいい」
  • 「大切なことは覚えているもんだろう?」

こんな感じだったと思う。

確かにプリンスの言う通りだけど、記事にしなきゃならない記者は大変だっただろうな。

 

nme-jp.com

 

1995年ワーナーとアルバムリリースについてゴタゴタやってたときのインタビューだ。ファンならご存知だがこの時期、プリンスは約1年ぐらいの間に『COME』『ブラック・アルバム』『ゴールド・エクスペリエンス』『エクソダス』『ガール6』『カオス・アンド・ディスオーダー』、プリンス名義ではないものも含めて6枚のアルバムがリリースされた。本当に火山噴火の勢いでプリンスの曲が立て続けにリリースされた。

 

こんなニュースも。

プリンスのバンドであるザ・レヴォリューション、再結成することを発表

nme-jp.com

 

PS:持っていたシンボルの金属のネックレスでつけていたんですが、最近金属が肌に当たるのが少し気になってきて、ちょっとリニューアル。

紫の革紐でまとめました。水晶はヒマラヤクリスタルです。

 

f:id:tensaychang:20160428045637j:plain

f:id:tensaychang:20160428045652j:plain

 

個人的に思うこと 

プリンスが子供を授からなかったのは、涅槃だからなのかな。
子供がいればファンはその子に期待するだろうし、潔いというか、クリアだな。

彼の音に惚れ込んだ人、みんながPURPLE KIDSだ。

プリンスの音楽を好きな人がプリンスの子供達なんだよ。

 

プリンス関連記事