読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜明け前

ケダルイノ・サンダルビーチ 著

夏木マリはなぜ若い?若さの秘訣とは・・・

PR

夏木マリさん、東京オリンピックの顧問に就任

夏木マリさんが東京オリンピックの顧問であることを自身のツイッターで明かした。

マリさん、iMacをお使いなんですね!

夏木マリさんは日頃どんな努力をされているのだろうか?

f:id:tensaychang:20160701181243p:plainf:id:tensaychang:20160701181112p:plain

少し前から気になっていた夏木マリさんの本を読んだ。

お芝居の話から、健康、美しさ、思考、恋愛、着物、高野山の事まで、飽きずに一気に読めた。

以前より若い気がするマリさん、日頃から努力されてたのだ!

 

私 結婚できないんじゃなくて、しないんです

みやびの母親役

ちょっと天然ボケの娘思い母親役。

中谷美紀さんとのやり取りでも、間の取り方が絶妙でした。

そしてドラマで観てても、肌がキレイでした。

結構なお年のはずなのに(失礼)え?なんでだろう?

芸能人はカラダにお金を使っているのはわかりますが、どうやっているのか気になります。

 

『私 結婚できないんじゃなくて、しないんです』藤木直人の恋愛指南が完璧すぎた! 

 

(鶴瓶師匠と、鶴瓶さんもお若い)

キンパツかっこいい!

どの県にキンパツが多いのか?素朴な疑問

 

夏木マリさんのイメージ

  • ちょっと怖い姉さん
  • わがまま?
  • 気難しい
  • ちょいワル
  • つるとんたん

 

どうしてこんなに勝手なイメージがついてしまったのだろうか?

つるとんたんは何故か夏木マリさんが経営しているようなイメージがあったが、全然違うらしい。経営者と知り合いだったので少しBGMのお手伝いをした程度らしい。

 

印象に残っている出演映画
  • 里見八犬伝(83年)
  • SF サムライ・フィクション(98年)
  • 千と千尋の神隠し(01年)湯婆婆の声
  • ピンポン(02年)

 

世代的に夏木マリさんを初めて見たのが里見八犬伝

この役がもう怖い!!

この世にこんな怖い女がいるのかというぐらい怖い!

 薬師丸ひろ子さんが若い!夏木マリさんのイメージは・・・蛇女w

フルヌードで血を飲むシーンが忘れられない。

里見八犬伝

里見八犬伝

 

 

ペコをしごくオババ

腑抜けになったペコを容赦なくしごくオババ役。迫力ありました。

窪塚くん、メッチャしごかれてました。

ピンポン

ピンポン

 

 

中野裕之監督のサムライ・フィクションでは、サムライに扮する布袋寅泰を口説く、賭博場の女将を演じてます。映像がキレイでマリさんも妖艶そのもの。 

SF サムライフィクション+ノンフィクション ~Collecter’s Edition~ [DVD]

SF サムライフィクション+ノンフィクション ~Collecter’s Edition~ [DVD]

 

 

湯婆婆の声の仕事は、マリさんが宮崎駿さんに自身の舞台のビデオを送ったのがきっかけだそうだ。

歌 ライブもリリースも頻繁

 

夏木マリさんの半生を歌う『60blues』がめちゃくちゃいいです!!

Allman Brothers BandがやったStormy Mondayをベースに乗っかって、ぐんぐんマリさんの世界に引き込まれる。半生を語っているのでちょっと感動して泣ける。

参加ミュージシャンがスゴイ

  • 「朝はりんごを食べなさい」岩沢厚治(ゆず)
  • 「マグダラのマリア」を鈴木圭介(フラワーカンパニーズ)
  • 「逆走BBA」を石野卓球(電気グルーヴ)
  • 「神さまへ」忌野清志郎作曲
  • 「Player」斉藤和義作詞作曲

聴かなきゃダメなメンツでしょう。

夏木マリさん、ただの女優じゃないですよ。

朝はりんごを食べなさい

朝はりんごを食べなさい

 

 かっこいい。曲もよかった。

ALLIANCE

ALLIANCE

 

 

歌手デビューした頃のマリさんは、贅沢三昧。

毛皮を着てベンツに乗って、値札も見ずに好きなものを買い漁っていたそうだ。

決定版 夏木マリ

決定版 夏木マリ

 

 

そんなマリさんが変わったきっかけは?

舞台で足を痛めてしまい、公演の演出を変更して行ったそうだ。舞台の評価は上々だったが、それゆえに悔しくて体調管理にも気を使うようになったそうだ。

 

悪いことが続いた時、運のせいにしてしまうと成長できない。

 

ストレスがあって心が元気じゃなかったら痩せるなんて無理。

 

無意識に食べちゃダメ!

 

自分の体はお預かりもの

 

 

朝のジュース

にんじん2本、りんご1個、レモンを絞る。

マリさんの家にはいつもリンゴが山盛りあるそうだ。

(結構お金がかかると思う!)

ボディメイキング
  • ファースティング(断食)
  • 顔のエステ
  • ボディマッサージ
  • デンタルケア
  • ネイルケア
  • ダンス
  • ボイストレーニング

舞台、ステージ、カメラの前で身体を自由自在に使うためにいつもトレーニング、メンテナンスしているそうだ。

 

プロ魂

若い頃は外見にお金を使っていたけど、40を過ぎたあたりから自分自身にお金を使うようになたようだ。年を重ねるごとに素敵になっている気がする。

全ては表現のため。

 

こんな風にかっこよく年を重ねていきたいものです。

 

「カッコいい女!」には夏木マリさんの生きかたの秘訣がたくさん書かれている。

カッコいい女!

カッコいい女!

 

 

夏木マリ(女優・歌手)

 

こんな記事も書いています