天才ブログ

天才ちゃん夜明けに眠る

奇妙な夢 足の長い女 短編

奇妙な夢 足の長い女

legs

 

脚のきれいな女だなーと思って
足元から舐めるように眺めていた。

 

 

かかとからくるぶし、
程よい曲線の白いふくらはぎがスラーッと長く伸びている。

 

 

 

 

 

やっと膝裏のくぼみまできた。

 

 

そこから白いハムストリングスが伸びる。

 

 

 

 

 

 

 

このあたりでオレは恐怖を感じた。

 首長女というのは聞いたことがあるが、こんなにも足の長い女がいるだるか?

 

あああ・・・

 

 

 

 

 

まだ伸びる、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もっと伸びる、

 

 

 

 

 

 

あれ?

 

 

おかしい

 

 

 

 

ケツがない

 

 

ケツが

 

 

 

 

普通ならもうとっくに背中、
いや、顔があってもおかしくない位置だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 高さはすでにビルの2階ぐらいの位置だった・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっとケツが見えた。

 

*フィクションです。