天才ブログ

天才ちゃん夜明けに眠る

星野源の「くだらないの中に〜Family Song」を聴きながら

うまく生きることができない

そもそもうまく生きるって何だろうか?

他人から見て自然に振舞うことだろうか?

 

いや違うな、

 

星野源 くだらないの中に 

髪の毛の匂いを嗅ぎあって 臭いなぁってふざけあって

くだらないの中に愛が 人は笑うように生きる

 

ぼくはこの歌が好きで、普通にしててもポロッと涙が出てしまう。

星野源の才能に嫉妬する。

星野源の人間臭さに引き込まれる。

星野源の文才に舌打ちをする。

 

人間の複雑でややこしい心情をこんなにストレートに歌うなんて。

ちっ!

しかもバンドはジャズ編成の、古臭くもあるが風化しない新しい音作りがされている。

 

体臭というものは独特で、愛する人は愛おしく感じ、そうでない人は臭いと感じる。

本当にその通りで境目がわからないまま臭いと感じてしまうことがある。それはもう関係が終わったことの証でもあるかのように。

 

魔法や希望がないと不便だ。

でもその魔法や希望って「人の笑顔」だよね、と歌う。

 

ぼくは時代のものじゃなくて

あなたのものになりたいんだ

 

たくさんの人から好かれるより、
たった一人の人に愛されたいとも歌う。

 

心が割れる音 聞きあって

バカだなぁって泣かせあったり

付けた傷の向こう側 人は笑うように

 

 

コミュニケーションするということはリスクも伴う。

人は時にぶつかり合い傷つけ合う。

だけどそれを超えた向こう側に笑顔があれば。

それを超えた向こう側に愛があれば。

 

なんて思ってしまう。

 

 

 

 

くだらないの中に

くだらないの中に

 

 

星野源 Family Song 

一対一の歌から家族について歌う歌に成長した。

古めかしい暖かな古いソウルミュージックのような曲調に心がギュッとする。

いつか聴いたアル・グリーンカーティス・メイフィールドダニー・ハザウェイの歌に出会った時のような衝撃が走る。

 

ただ幸せが 1日でも多くそばにありますように

悲しみは次のあなたへの橋になりますように

遠い場所もつながっているよ

 

なぜかこのフレーズで、高まった感情からポロッと涙が落ちる。

この歌は「くだらないの中に」とつながっている「Family Song」なんだ。
(全部繋がってるけどね)

 

血のつながりのない家族以外の「ファミリー」という関係についても歌っている。

いつ帰っても無条件で受け入れてくれる家族のような居場所があればいいなぁ。

 

 

 

星野源のMVの最後の予告のおふざけは、テレビの「また来週!」っていう感じでずっとやってて面白い。昭和っぽいよね。

 

星野源の色

「Crazy Crazy/桜の森」(通常盤)

青春の薄い青

YELLOW DANCER

ダンスは情熱の赤

恋 (通常盤)

恋は黄色

【Amazon.co.jp限定】Family Song(CD+DVD)(初回限定盤)(Family Song オリジナルA5クリアファイル Dtype)

家族は薄ピンク色

 

黄色もいいけど薄ピンク色もいいですよね。

この感覚的な配色が好きだな。

 

星野源の『Family Song』もう直ぐ発売!

特典のDVD映像も楽しみです。

 

それではまた!

じゃーんちーんーぽっ