読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜明け前

ケダルイノ・サンダルビーチ 著

『イン・ザ・プール』を久しぶりに観たら精神病について勉強になった

PR

気がつけばおかしな人ばかりの現代社会を風刺している作品

都会で住んでいると誰しも精神疾患を持っているんじゃないかと思うことがあります。これは人口密度も関係してるんじゃないかと思っています。快適な人と人との距離が侵されているんです。満員電車、見ず知らずの人と密着してしまう空間。異常ですよね。変態ですよね。ストレスですよね。それをかき消すかのように、イヤホンで音楽聴いたりスマホをいじり続けたり。それを私は気持ち悪く思うことがあります。現代社会人が病んでしまうのも無理はないと思います。
 
変な登場人物ばかり

勃起がおさまらない青年にオダギリジョー。プールで泳がずにはいられないサラリーマンに田辺誠一。不安症、強迫神経症に苦しむ女性に市川美和子。クレイジーな精神科医伊良部に松尾スズキ。監督は三木聡さん。ふせえり、江口のりこ、岩松了などの強力な脇役も映画を盛り上げてくれます。後の時効警察チームにつながるキャスティングですね。松尾スズキさんが本当にいい味出してるなぁ。イン・ザ・プールに出てくる精神科医・伊良部は、スチャラカでデタラメなヤブ医者っぽいけど、そのデタラメっぷりがおもしろい。

 

私が通っている心療内科の場合
精神科医が自ら精神疾患を経験してるって結構あるんじゃないかと思います。私が通っている心療内科の先生も頼んだ書類を用意してくれてなかったり、予約した時間に行っても先生が来てなかったり、前の診察内容を覚えていなかったり、かなり頼りないところがあります(笑) 
やたら薬を処方しようとするので、私は要らない薬はいりませんとハッキリ言います。いらない理由を説明します。厄介な患者だと思います(笑)
 
オダギリジョーのキレっぷり
勃起が治らない青年が医者たちにサンプルにされ、ついにキレてしまうシーンがあります。このキレ演技がすごい!おもしろいし気分がスカッとする!特殊な症例の場合、サンプリングされることが稀にあると聞きます。そのもどかしさをうまく表現してるなって思います。
 
 
この映画は面白おかしく精神疾患について知ることができます。この映画観たの随分前です。このシリーズの原作も何冊か読みました。奥田英朗さんの本、他にも面白いの沢山ありますね。

 

 Amazonプライムビデオ『イン・ザ・プール』ですぐ観れます
イン・ザ・プール

イン・ザ・プール

 

 

原作も面白い!

ひとつひとつ短編になっていて、笑っているうちに1話終わる感じで、気軽に読めます。

イン・ザ・プール: 1 ドクター伊良部

イン・ザ・プール: 1 ドクター伊良部