天才ブログ

天才ちゃん夜明けに眠る

ぼくは有頂天なのだ

ぼくは有頂天なのだ


[LIVE TOWN] ROCK FILE'88 有頂天 @ 汐留PIT

 

ライブハウスだ! 大阪バナナホール

初めて行ったプロのライブは有頂天だった。大阪バナナホール

 

当時、大阪の梅田に行くのもはじめてだった。

ここがライブハウスだ!

 

ナゴムギャルと呼ばれる女の子達がいっぱいいる。

失礼ながらもっと気持ち悪いんじゃないかという先入観があったのだが、かわいい子ばかりだった(ように思う)。

 

ライブ開演間近になると、会場は人でパンパンになり人と人が密着する状態になった。

 

メンバーがステージに現れた!

演奏がはじまった!!

 

ジンさんの叩くパワフルなドラムがすごかった!
スティックの木片が飛び散ったのが見えた!

ケラさんが手の届きそうなところで歌っている!!!

 

無我夢中のままライブが終わった。

 

その後の大阪のライブはほとんど行っていると思う。

しかし、その後は会場が大きくなってしまい、ライブハウス体験が出来たのはこの時だけだったかもしれない。

 

僕は有頂天の『変』なところが好きだった。

ケラさんの奇妙な動き、奇抜な格好、変で皮肉っぽくてデタラメで、それでいてどこか知的で真実めいたな感じのする歌詞などなどなど、好きなところをあげればきりがない。

 

僕自身、中学校の時は演劇部に所属していたし、コメディーをやりたかった。
(実際はコメディーをやらせてもらえなかったけど)

 

という理由は抜きにしても、有頂天は僕を夢中にさせた。

 

そして大人になって、有頂天のリユニオンライブでまた大阪のライブハウスで、間近で有頂天のライブを見ることができた。

ケラさんがピョンピョンと激しく飛び跳ねて歌う姿にビックリしてしまった。

そういえば昔から飛び跳ねたり変な動きをしてたんだ!

っと、やっと記憶が戻ってきた。

 


ちょうど去年の今頃だったか、大阪のイベントでようやくケラさんと犬山イヌコさんに握手をしてもい、一言二言会話をしていただいた。

 

犬山イヌコさんポケモンニャースの声をやっているので、声を聞いたことのある人がほとんではないかと思う。

 

ニャースのうた 犬山イヌコ 


かわいくて泣きそう

 

 オフィシャルライブ映像 有頂天「墓石と薔薇」

オフィシャルの動画も貼っておきます

多動なぼくが好きそうなリズム


 

有頂天 アルバム

このBOXはメジャー時代の有頂天の活動がギュッと詰まっていて濃厚でとても内容が充実している。

有頂天 in CANYON YEARS 19861988 [DVD]
 

 

最新アルバムでも秀逸な楽曲がぎっしり詰まっている。

「ラッキーさん」「カフカズ・ディック」などの激しい曲から、「幽霊たち」「コレカラノヒト」など、なぜか涙ぐみそうなPOPな楽曲も収録されている。 

 

カフカズ・ロック/ニーチェズ・ポップ

カフカズ・ロック/ニーチェズ・ポップ

 

 「幽霊たち」

明日も歌ってくんだ ぼくは

明日も悩んでくんだ ぼくは

明日もつまずくんだ ぼくは

明日も 明後日も

 

「コレカラノヒト」

絶望より早く歩ける強さが欲しい

 

失敗だらけ、後悔ばかりでも、

空を見上げればいつでも

美しい日、美しい夜ばかりだったと笑う声が聞こえる