読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天才ブログ

オっパイナポーアポーペン

D・カーネギー『人を動かす』は時代錯誤?!

オススメの本 メンタルヘルス

はじめに断っておきますが、この本の内容は本当にすばらしく的を得ている内容でした。読んでよかったです。

では、なぜこの本が時代錯誤なのかということです。

 

この名著は1936年に書かれているため、現代では非常にわかりにくいところも多い。

 

翻訳本の欠点

地名・人名が日本では馴染みがないため、状況などが理解しにくい点がある。たとえばこんな感じだ。

 

ペンシルバニア州ノース・ウォーレンのジョージ・ダイクは、新しいハイウェイができるので、30年間経営していたガソリンスタンドが立ち退きになり、それを機に引退した。

 

ミズリー州レイタウンの獣医、スティーブン・スプラウル博士の話だが、ある春の日、診療所の待合室には、予防注射のためにペットを連れてきた人たちが詰めかけていた。皆、黙りこくっている。

 

地名や人名を読んでもイマイチ想像できない部分があります。これは本が書かれた時代に関わらず、翻訳本の欠点だと思います。

 

 D・カーネギー『人を動かす』
人を動かす 新装版

人を動かす 新装版

 

 

D・カーネギー『道は開ける』
道は開ける 新装版

道は開ける 新装版

 

 

 

そんな欠点を補うために、話の内容を現代に置き換え、内容もわかりやすく作られたのがマンガ版です。これは非常に分かりやすい内容になっています。

 

新入社員に『人を動かす』をプレゼントしている会社がある。しかし、本を返すという返すという社員が現れた・・・

マンガで読み解く 人を動かす

マンガで読み解く 人を動かす

 

 

父親から引き継いだ小さなスーパーを営むオーナーが奮闘する内容。

マンガで読み解く 道は開ける

マンガで読み解く 道は開ける

 

 

 

広告代理店でリーダー職として働く女性、頑張り屋でけどまじめで落ち込みやすい性格の彼女が、『道が開ける』を読んで成長していく様子をマンガで描いている。

マンガでわかる 新訳 道は開ける (角川書店単行本)

マンガでわかる 新訳 道は開ける (角川書店単行本)

 

 

どのマンガもD・カーネギーの思考がしっかりと練りこまれた内容です。

時代や国が変わっても法則が変わらないということは、D・カーネギーが唱えた原則は不変のものだということですね。

 

D・カーネギーが見た日本の素晴らしさとは?

ディール・カーネギーが日本に来て

「日本で一番印象深かったものは?」という質問に対して
「それは日本人です」と言い残したそうです。
 
いつも人を見ているカーネギーらしい言葉で感心しました。
 

 

こちらもD・カーネギーのマインドをわかりやすくシンプルに解説しています。文字が好きな人はマンガ版よりこちらをオススメします。

1分で人生が変わる! D・カーネギーの「人を動かす」言葉