天才ブログ

天才ちゃん夜明けに眠る

父を送って ガン患者と向き合う

f:id:tensaychang:20170820022753j:plain

父を送って ガン患者と向き合う 

1ヶ月に2回ぐらい父を病院まで送迎しています。

父はガン治療中でもう丸4年の闘病生活です。数ヶ月前までは父は一人で車を運転してせっせと病院に通っていました。ところが足の具合が悪くなってきて、それでも父は車を運転していて、ついに軽事故を起こしてしまいました。

調子の悪いときはぼくが車の運転をしていたのですが、ちょっと近くの買い物で油断してしまったようです。

ぼくは5年ぐらい前に実家に戻ってきました。仕事も家庭もうまくいかず、地元で働こうと思ったんです。40代になっての再出発は並大抵ではありませんでしたが、どうにかブログで稼げるようになり、自由な時間もあるため平日でも父の病院に付き合えるのです。

 

胃がんが発覚

実家に戻ってきた頃、父はダルそうにしていました。単なる歳なのかなと思っていました。ある日、父が働いていた仕事先で父は足を怪我してしまいました。その時に何か異変に気がついていた母が、血の検査をしてもらったようです。その時に胃がんが発覚しました。奇しくもその日は、ぼくの離婚が正式に成立した日と同じでした。

 

「今度は親の面倒をみるのかな・・・」

 

一番うろたえたのは母でした。

普段は「はよしね」などと言うぐらいだったのですが、やはり死に直面すると不安になるものですね。ぼくは父の気質を見越して直感で「5年ぐらい大丈夫じゃない?」と変な確信がありました。もちろん安心させるためというのもありましたが、死ぬときは死ぬので余計な心配はしないほうがいいです。今に集中することが大事です。

 

様々な治療を試みました。

まずは手術。これはスムーズに成功。胃を半分以上切除したようで、一度に食べれる量が減ってしまいました。ごはんをがんばってこまめに食べるようにしているようです。通院に加えて、核酸といわれるドリンクを飲んでいます。これがかなりいいようです。 

 

[rakuten:lipine:10000055:detail]

 

アロマテラピー

ほかにも手術後は、ぼくがツボ押しリラクゼーションやアロマテラピーの勉強をしていたので、特にアロマテラピーを集中してしていた時期がありました。どれほど効果があったのかはわかりませんが、直接手で施術するので、父とのスキンシップとしてはかなり有効だったと思います。病気に対していつも強気の父でしたが、アロマを通じたスキンシップで、かなり安心感を与えることができたと思います。

アロマテラピーの勉強でセミナーに参加しました。ちょうどガンについても学ぶことができ講師のドクターは「治る可能性のあるものはなんでもやってみること」とおっしゃっていたので、その通りにあらゆることをしました。

 

ファスティング(断食)

水だけ飲んで2日間断食というのを、ぼくの助言でやってくれました。これもぼくが医療系のセミナーで得た知識でした。断食の後に薬を飲むとより効果的だということです。理論は。がん細胞は生き物なので飢餓状態にするとがん細胞も弱る。弱ったところで薬を飲むと、薬を栄養だと間違えてがん細胞が薬を吸収し死滅するというものです。

これが効果があるのかはわかりませんが、体力的にあまり弱ることなく、5年目に入った今も比較的元気です。

 

ここにあげた方法をやっても誰でも助かるわけではないし、信ぴょう性はないです。とにかく「なんでもやってみる」を実践してもらっただけです。ガンは完治するのは難しいです。ガンとどう付き合うかという思考で向き合うといいです。

 

ぼくの都合で実家に戻ったのですが、思いのほか両親の役に立てたことは嬉しい誤算でした。

 

闘病5年目を迎えて

ガンが発覚してから5年目に入りました。少し弱ってきた気もしますが、ガンが発覚する前よりはすごく元気なんです。ガン数値もかなり低く、お医者様もびっくりするほどです。

 

「ガンは治る」という父の強いメンタルが一番の長生きの秘訣かもしれません。

「ガンになったら死ぬ!」という弱気のメンタルがその人をどんどん弱くしてしまうと思います。

 

車の事故をしてしまってから父は車を運転しなくなりました。事故は仕方ないとして、事故で死ななかっただけ良かったです。軽い事故がなければ、もしかしたらもっと取り返しのつかないことになっていたかもしれません。

事故が起きるまで、少し離れた病院まで父がひとりで通院していました。最近はぼくが送迎しています。自由な時間があるから平日の午前中でも通院に付き合えます。

通院の日は片道40分ほど、検診や投薬で午前中は潰れます。その間ぼくはマックで本を読んだりしています。

 

月に2回ほどですが、ぼくも父との通院の送迎を楽しんでいます。

「父を送って ガン患者と向き合う」という何やらシリアスなタイトルにしてしまいましたが、いつかまとめて記事にしておきたいと思っていたので、この機会にまとめました。

 

ドライブのBGMは最近はもっぱら久保田利伸さん(この3枚)です。軽快な曲からバラードまで、ドライブにちょうどいいんですよね!

LOVE&RAIN~LOVE SONGS~

LOVE&RAIN~LOVE SONGS~

 
Gold Skool

Gold Skool

 
Timeless Fly

Timeless Fly

  • アーティスト: 久保田利伸,久保田利伸 meets KREVA,久保田利伸 feat.MISIA,小泉今日子,WISE,Tarantula
  • 出版社/メーカー: SE
  • 発売日: 2010/02/24
  • メディア: CD
  • 購入: 2人 クリック: 40回
  • この商品を含むブログ (12件) を見る
 

 PS:鬱がひどいときは「ぼくのほうが早く死ぬかもしれないなぁ」と思っていた時期もありましたが、今は安定しています。ものすごく!!毎日楽しい。

 

PSPS:そういえばうちの父もADHDっぽい言動をよくするんですが、自分自身がそうなので、うんうん、と思って見ています。