天才ブログ

天才ちゃん夜明けに眠る


ブックオフがピンチ!「買い取り」に力を入れている背景

ブックオフの危機?!

ブックオフの赤字経営が続いているという。

これは黒字にするための計画でもあるというのだが、実際はどうなんだろうか?

 

 

分析

ちょと分析してみます。

 

電子書籍の普及による昨今の本離れ

新刊を本で買う人減っている。

大手書店も閉店したり縮小したり、本業界自体が苦戦している。

Amazonで購入する人も増え、中古本もAmazonのほうが品揃えがいいのでそちらで買う人が増えている。

本という物質がないので、中古市場に流れることはない。

ブックオフは今後さらに買取に苦戦するだろう。

 

インターネットによる個人売買の機会の増加

手間を惜しまなければネットで個人出品する方が、本や電化製品を高く売ることができる。昨今のメルカリの盛り上がりなどを見れば、ブックオフへ売ろうという消費者も減っているのがわかる。

ブックオフへ売るのは「面倒臭いので二束三文でも一気に処分したい」という人たちだ。

ブックオフは中古家電の販売にも力を入れており売上を伸ばしてはいるが、家電買取のCMを流したところ買取には結びつかなかったという。

 

せどりの影響が?

「せどりが増えているから」というブログ記事も読んだけど、私はせどりの影響がそんなに大きいとは思えない。ブックオフを仕入先にしているので、むしろブックオフにとってはいい常連客であるはずだ。

書店や中古書店に行かずネットで買うユーザーが増えていることは、ブックオフの売上減少には多少影響していると思うが、ネットで購入する客層は「お店に行って探す時間がもったいない、忙しい。検索で一発で出てくるネット通販を利用する」というのがある。お目当ての本が見つかるまで中古本を探し回るのは結構時間がかかるものだ。

転売という仕組みがあろうがなかろうが、ネット通販を利用する消費者は増加傾向にあると思うのだ。

 

ブックオフの特徴
  • もう読んでしまった本や聞き飽きたCD、見飽きたDVDなどを一気に処分出来る
  • ネットではなく実店舗がある方が有利(持ち込み買取)
  • 消費者に低価格で中古商品を提供できる

二束三文で買い取る仕組みこそブックオフの強みであった。

電子書籍の普及による本自体の売上減少を考慮し、中古家電に力を入れようというのは正解だと思う。中古家電をどう仕入れるかがカギになるだろうと思う。

しかし中古家電のサイクルは、本ほどではないだろうなぁ。

 

f:id:tensaychang:20160907165331j:plain

買取20%UP強化のキャンペーン

毎月値引きのクーポンを発行していたが、9月は値引きクーポンなし、買取強化のキャンペーンだ。買取に苦戦しているのがわかる。

 

ブックオフが5年後、10年後生き残れるのかは心配なところである。

そもそも20年後は本やCDやDVDはあるのか?

すべてデジタル化してしまえば、終焉を迎える業界はたくさんある。

個人的には安くていい本が手に入るブックオフが大好きなので、なんとか最後まで頑張ってほしい。

 

先日も数分で4000円ほどのプレミア本を360円で購入できたことを感謝したい。

 

こんな記事も書いてます