天才ブログ

天才ちゃん夜明けに眠る


隠れアスペルガーは俺コントロールがすごい。アスペ診断


アスペルガーが育っています

久しぶりにアルペルガーチェックしてみたら前よりもその傾向が強くなってました。

アスペルガー症候群、自閉症スペクトラムともいわれる症例です。

asd

アスペルガー指数テスト

平均のAQは16.4点です。32点以上AQの人はアスペルガーの可能性があります。しかし32点以上のAQの人でもなんの支障もなく暮らしている人大勢います。

f:id:tensaychang:20160524150839p:plain

わたしの簡易診断結果は34!

入りました(笑)

とはいえ、私は問題ないわけです。

今はフリーランスだし。

問題が起こるのは周りの人たちなので。

「え?」って思われるかもしれませんが、それぐらいの気持ちの方が、当事者としては生きやすいです。

こういう思考自体、自閉症スペクトラムっぽい(笑)

 

ADHD

大人のADHD症状チェックリスト

こちらはパーフェクトでした!

全問ADHDの可能性ありでした。

心療内科でも見てもらってストラテラというADHDの薬も処方されていました。身体にも精神的にもきつかったので、今は完全に断薬しています。

仕事を辞めて今はフリーランスなので、基本的に周りに迷惑をかけるということがありません。社会で生きづらい人はアフィリエイトで独立するのはオススメです。

頭が良い人ほど成功は早いです。

頭が良いのと、社交性があってコミュニケーション能力があるのとは関係ないように思います。

 

「変わってるなぁ」といわれれば、「そうです、わたし変なんです」って言っちゃったほうが楽です。無理に普通であろうとすると、すごいストレスになって、二次疾患であるウツになったりします。そうなるとアスペルガーの長所が全く活かせなくなります。

 

あなたの職場にもしアスペルガーっぽい人がいたらどうすればいいか?

距離を置きながら自由にやらせてみてください。

はじめはうまくいかないかも知れませんが、自分で仕事を研究して効率の良い方法をはじき出してくるはずです。

基本的には真面目な性格です。真面目すぎるのが問題なので、リラックスさせてあげるのも良いかも知れません。

「ああしろ、こうしろ、早くしろ」と指示を出して押さえつけてしまうと、「自分はできない人間なんだ」と思い込んで、本当にダメになってしまいます。

自由にやらせることが、会社にとっても一番良い場合があります。

 

evil genius

隠れアスペルガーの本性発揮

普段は、のほほんのんびり気質な性格なんですが、専門分野、得意分野になると、そのスペックをフル動員して立ち向かう。いわばバカ真面目性格。

効率の悪いところや、自分のルールをバシバシ提示。

もちろんデタラメや思いつきだけじゃなく、ちゃんと勉強して分析して効率の良い方法をやるわけです。

「お前らは時代遅れのやり方なんだよ」とばかりに業務改善していきます。

もっとも効率のやり方を持っているわけです。

これ、考えてみると「俺コントロール」なんですよね。

無駄なことは一切しない。

必要なことだけ集中してやる。

だから自由な自分な時間が確保できて、その自由な時間は将来のために勉強したり、新しい仕事のアイデアをまとめたりする時間に使えるわけです。

時短仕事術にはマニュアルやテンプレートは必須です。

 

俺御殿!俺飯!俺コントロール!

今放送中の人気ドラマ『私、結婚できないんじゃなくて、しないんです』、このドラマに出てくる恋愛指南マスター土倉。

ただの料理人かと思いきや、京大卒の実業家というハイスペックだった。 

相手の気持ちを汲み取るよりも、正論を語って相手を矯正していく俺コントロール

自分大好き。料理もできるので食事にはうるさい。

 

「料理のうまい人が彼氏だったら最高」なんて思う女性がいたら違いますよ。料理のできる彼氏を持つと、今度はあなたの料理の腕が試されます。あまりにも下手だと

 

「僕が作るからいいよ」という言葉が

「料理の下手なお前はキッチンに立つな」と同じ意味に聞こえる日がきます。

土倉さんがアスペルガーなのかは知らないですが、ドラマは極端なキャラのほうが面白いですから。天才キャラはアスペルガーかADHDっのがほとんどですね。

f:id:tensaychang:20160524165542j:plain

隠れアスペルガー

隠れアスペルガー、つまり真性アスペルガーほど目に見える問題はないけど、何か不都合がある。

“生きづらさ"の原因は、グレーゾーンアスペルガーにあった

アスペルガー症候群にはきちんと診断がつくいわば「真性アスペルガー」の他に、グレーゾーンに位置する「隠れアスペルガー」の人たちが大勢います。
彼らは強すぎる劣等感を抱え、他人とコミュニケーションができない、強い不安や恐怖心をもつ、病気にかかりやすい、慢性疲労があるなど、さまざまな“生きづらさ"を抱えています。

 

あなたが自信がアスペルガーかな?と思っていたり、周りの人がアスペルガーなんじゃないかな?って思う人がいたら、一冊本を読むだけでずいぶんヒントになります。

もしかしたら、天才を活かすチャンスかも知れません!

  • 雰囲気や空気を読めない
  • 暗黙のルールがわからない
  • 協調性がない
  • 人の表情や態度から相手の気持ちを汲み取れない
  • 話が回りくどく細部にこだわる
  • 話があちこち飛ぶ
  • 含みのある言葉や裏の意味がわからない
  • 冗談やユーモアが通じない
  • 変更や変化、予期せぬことを嫌う
  • 突然予定を変えられると不機嫌になる

気になる人は読んでみてください。

隠れアスペルガーという才能 (ベスト新書)

隠れアスペルガーという才能 (ベスト新書)

 
アスペルガーとして楽しく生きる

アスペルガーとして楽しく生きる

 

 

こんな記事も書いています