天才ブログ

天才ちゃん夜明けに眠る

「さ、洗い流そ。」牛乳石鹸のCMについて、読み違えてないか?

f:id:tensaychang:20170816160228p:plain

牛乳石鹸 WEBムービー「与えるもの」篇 フルVer.

炎上しているらしい牛乳石鹸のCMについて、読み違えてないか?と思ったので書いてみます。

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

新井浩文さん、牛乳石鹸に関するTwitterのコメント

新井さんらしいコメントですね。

このCM動画について、少し深読みしていきましょう。

 

父と子の絆

主人公のパパは明らかに腑抜けた正気のない顔をしている。その原因はおそらく仕事と家庭じゃないだろうか?

 

仕事も家庭もこれでいいのかな?

 

自分の父の背中を回想しながら、理想の父親像を思い浮かべる。

出勤前にゴミ捨てを手伝うぐらいなんてことないだろうけど、短いムービーの中で「家族思いのやさしいパパ」を伝えるための表現なんだろう。それにしても薄味だけど。

 

ありえないのは妻の方だ!

ちょっと待って、帰りにケーキお願い

この日は一人息子じゅん君の誕生日。

ママは笑顔で突然、息子の誕生日ケーキをパパにお願いした。夫にとってこれはかなりの衝撃だったに違いない。ママはスーツ姿だったので、おそらく共働きなんだろうが。

 

パパからすれば「急に言うかな?」とムッとしているに違いない。

 

さらにこのママは仕事中にメールで「プレゼントもお願い!」と伝えてくる。

 

私ならここでブチ切れる!!(笑)

 

こんな大事な話、メールでしないよ、普通。

あきらかにこの夫婦には問題がある。

 

普段のコミュニケーションが当たり障りのないものになっていて、パパはそこに不満を感じているのかもしれない。

 

パパは厳しいが子供思いのところがある自分の父親を回想している。

仕事に行く父、父親にもらったグローブで夢中に野球の練習をする子供時代のパパ。コミュニケーションこそ少なかったかもしれないけど、思いは十分伝わっていた。(反面教師的に捉えてしまった人は読み違えていると思いますよ)

 

そんなことを思い出していると、後輩が失敗で落ち込んでいるのを見かける。

「俺も仕事に夢中になってみるか」と、後輩を居酒屋に誘う。まぁ、なんの役にも立たないとは思うのだが、パパの優しさもちょっとわかるが、中途半端なのは否めない。さっさと家に帰ればいいのに。

出勤前にゴミ出しをしても、真面目に会社に行っても、後輩のことを気遣っても、自分でわかるぐらい空回りしているんだ。

 

妻の怒り

なんで飲んで帰ってくるのかなぁ

 

この奥さんマジで怖い。

ケーキを買ったりプレゼントを買うのはそんなに時間は必要ないと思うんだけど、全部パパに任せちゃうのはどうかと。それも全部突然だよね、このママ。

 

子供の誕生日にママがブチ切れてるのもかなり怖い。

子供のためを思うのなら、せめてこの場では怒らないでほしい。

 

 

明らかにこの夫婦には問題がある。

そのことは、終始正気のない新井浩文さんの顔に出ている。(名演技だと思う)

もしかしたら離婚を考えてしまうくらいママの性格に嫌気がさしているかもしれない。そういう意味では本当に怖いCMです。

 

パパはお風呂の中で、大好きだった自分の父親のことを回想する。

子供と一緒にお風呂に入らず、一人でリセットする。リセットする空間も、そんな日も必要だ。

 

このCMのパパは見本になるような立派な親父像ではないけど、それでも自分で色々もがいて頑張ってる。1日の悩みを「牛乳石鹸で洗い流そう」というCMだ。

  

気がついている人もいると思うけど「洗い流そう」っていうCMだから、演技も定評がある新井さんを使っているんだよ。「あらい」だけに。 

確かに筋書きも荒かったかもしれないけど。

 

とにかく突然ケーキを買ってくるのをお願いしたり、プレゼントを買ってくるのをお願いしたりするのはダメだともう。

「ケーキとプレゼントどうする?」っていう会話がないこの夫婦はもうダメだと思う。けど、こういう普通の会話ができない夫婦って、案外多いのかもしれない。

 

CM動画を見てパパのダメなところに気がついたら、ママのダメなところにも気がついてほしい。