天才ブログ

天才ちゃん夜明けに眠る


ライティングテクニックは勉強すべきか?

ブログ初心者がよく悩むこと・・・

どんなブログを作ればいいのか?

どんな風に文章を書けばいいのか?

どんなネタを書けばいいのか?

 

どうしてこんなことで悩むのか私には全然わからない。

ライティングの本を数冊読んで研究すればわかることだ。

 

WEBデザイナープログラマーならわかるだろうけど、

HTMLやCSSPHPを、

「検索して独学で学ぼうと思えばできるから本は読みません」

なんていう後輩や未経験者がいたら、

 

「この本読みな!」

 

ってアドバイスするだろう。

 

無謀すぎるし時間を浪費しすぎる。

挙げ句の果てにできたソースコードはとうていプロでは通用しないお粗末なものになっているのは、想像しなくてもわかるだろう。

 

ライティングテクニックも、それぐらい勉強する価値があるものです。

 

「本なんか読んだことないし、検索か友達に聞いたことを参考にブログをやってる」っていう人もいるけど、それはちゃんと「実」の部分ができててセンスがいいから結果がでているんです。

そういうブロガーの書いていることを間にうけて、

 

「検索だけで大丈夫、独学で大丈夫」

「とりあえず書き続けていれば収益も上がるようになる」

 

そして「とりあえず書き続けろ」「続けることが大事だ」と締めくくっている人が多い。

 

1年経っても月に1万円前後のアフィリエイト報酬しか発生しない人の方が圧倒的に多いんじゃないでしょうか?

確かにブログを5年、10年続けるつもりであるなら、ノロノロと成長するのもいいかもしれない。

やめないこと、諦めないことが大切なのは確かです。

 

他人が読んでわかりやすい文章を書くって 、

そんなにむずかしいことでもないので、ちょっと勉強してスキルアップする努力はしたほうがいいと思います。

 

文章を書くコツ 

  • 声に出しながら文章を書く
  • 中学生が読んでも理解出来るように書く
  • 読む相手の立場になって書き、自分本位に書かない
  • 納得するような話を入れる
  • 書いた文を声に出して読み返し、不要な言葉は削除する

 

これは私がまとめた無料レポートにも書いています。(無料で配布しています)

読むだけなら簡単です。 

 

「なるほどそうだね」と思う人も多いと思います。

 

だけど実践する人は非常に少ないです。

 

先に挙げた「文章を書くコツ」をノートにペンで書き込み、ブログを書く前に読み返し、書き終わった後も読み返す人だけがこの「文章を書くコツ」を体得できます。

 

そうなった時に初めて「思ったことを思ったままに」書けるようになります。

 

ちなみにこの文章を書くコツは「伝える力」を読んでエッセンスをまとめたものです。

伝える力 (PHPビジネス新書)

伝える力 (PHPビジネス新書)

 

 

修行の大事さ

例えば、ジャッキー映画の修行のシーンで、猛特訓を受けるとき 

 

「こんなことして、いったい何になるんだ?!」  

って言って根をあげたジャッキーは修行をサボってしまいます。

その後に強敵と戦って屈辱的な負け方をして、ようやく基礎練習の大切さに気づいて猛特訓を始めます。

必要な筋力と体力を付けてコツを覚えたジャッキーは、まるで別人のように強くなる。

 

ブログも同じようなものですね。 

 

私のブログ、100万PVになったけど10万も稼げてない・・・何で?

1年経ったけど読者数が100人に満たない・・・何で? 

 

その程度のことしかしてないってことです。