読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天才ブログ

オっパイナポーアポーペン

ブログの流行で仕事がなくなった話(;_;

暮らし popular アフィリエイト・副業

私はまだWEBデザイン会社が世の中にない時にWEBデザイナーになりました

今朝の記事に続いてネットビジネス事情を書きます。

私がインターネットに触れたのは今からもう20年前のことです。世界に情報発信できることに興奮を覚え、それこそ寝るのも惜しんでホームページを作成し、運営していました。そしてラッキーなことに、お会いしたことのない人からホームページ制作を依頼されるようになりました。

ネットで稼ぐ方法

多くの人は手軽にできる1円しか利益の出ないことを延々とやっている訳です。ネットビジネスやアフェリエイトの落とし穴ってここなんです。

頭を使えば、というかシンプルに普通に考えれば、1円の利益しか出ないものを頑張って売るセールスマンっていないんです。それより利益が1万円のものを売るほうが確実に稼げます。ブログに読者が500人も1000人もいるのに100万円稼がない方がおかしいんです。収益化を真剣に考えれば、ゼロを一つ付けることは簡単です。

ブログの流行で仕事がなくなりました

私がネットを始めた当時は掲示板がネットのコミュニケーションの中心でした。私はプログラミングを勉強して、ニュースや日記を更新できるプログラムを作りました。それをホームページとくっつけて構築しました。ブログの前身のような仕組みです。プログラムも条件付きで無料配布し、商用利用は有料にしました。それでも収入が発生しました。
しかしブログの出現でこのビジネスモデルも崩れ去りました。ブログは検索も上位に表示されやすいし、構築も簡単でした。私が結構なお金をいただいて提供していたことが、ゼロ円で出来てしまいます。
これで私はネットビジネスで稼ぐのを諦めてしまったんです。今までなら30万もらえるところを、ブログを構築してカスタムする仕事は、3万貰えればいいところでした。それも今ではゼロ円でいいものが出来てしまう。私の思っていた通りになりました。

個人で稼げる時代は終わってしまったと感じ、サラリーマンになることを決意しました。サラリーマンになっても”効率よく売り上げをあげたい”という考えがあるので、時間の提供と引き換えに収入を得るということに馴染めませんでした。結果的に何処に行っても苦労してしまいました(;_;

サラリーマンを続けることが出来るあなたのほうが、きっと私よりも社交的で仕事ができる人なのだと思います。ある意味、羨ましく思います。

表示するだけで報酬が発生するGoogleアドセンス

Googleアドセンスは2003年12月に日本でサービス開始したそうですが、広告で収益が上がるなんて、個人には無理だと思って取り組むこともしませんでした。実際、広告の内容が胡散臭かったり、広告を貼るとホームページのレベルを下げてしまう印象がありました。なにより広告は鬱陶しいものでできれば表示したくないものでした。

ところがここ数年は、ユーザーの興味の有る広告が表示されるようになりました。しかも個人で稼いでいる事例がたくさんあることを知りました。
私は成功者を検索して探し、いろんな人のエッセンスを分析しました。計画と目標を立ててやっていき、今は3ヶ月目ですが既に5万PVを超えたので、ようやく初めての報酬がもらえそうです。

 

いち早く携帯対応の通販システムを構築して稼いだ話

もう一つ例があります。

今から10数年前、まだドコモがi-modeっていうのをやり出した時、私はこれは凄いことになると思って、携帯で通販できるシステムを知人のプログラマーに作ってもらいました。はじめは、小さな出版社にシステムを導入しました。
そしたらすぐに月間の売り上げが100万を超えるようになったそうです。私はそのプログラムを6万ぐらいで他の会社などにも売りました。6万でこのシステムを買うって、当時はめちゃくちゃ安いシステムです。そして私個人の収入にしても、大きいものでした。しかしこのビジネスモデルも崩れ去りました(;_;

今は無料で携帯対応でクレジット決済まで対応しているショッピングカートが構築できます。BASEは私も機能を試すためにやってみましたが、かなり便利です。

販売個数の設定や決算方法の多様性。誰でも無料で小売ができます。デジタルデータの販売もできます。商品を持っている人は是非試してみてください。