天才ブログ

天才ちゃん夜明けに眠る

発達障がい・鬱になったら家族との関係はどうしているか?

精神疾患・鬱・発達障がい 家族との関係はどうする?

当事者の皆さん、家族との関係はどうですか?
家族に病気のことは理解してもらってますか?

 

大人の発達障害は家族には話さない

私の場合、もう十分大人ですし自分ことは自分で治す。自分にできないことはプロの医者に任せる。そんな感じです。症状が軽いのもあります。人と関わると途端にストレスを感じることもあります。

 

家族に無理に気を使って欲しくないのと、家族に責任を感じさせてしまうのも考えてあまり話してません。理解できないだろうと思っているのもあります。理解してほしいという思いが強くなると、相手がわかってくれない場合、相手を責めてしまいがちです。

当事者以外の人が鬱や発達障がいについて理解するのは難しいだろうと思います。普通の人同士でも相手の気持ちを理解するのは難しいです。

それより、なんか変だと思ったら

「どうしたの?大丈夫?」

「しんどくない?」

「何か困ってない?」

などと普通に聞いてくれる方がいいです。

 

腫れ物に触るように気を使われるのもあまり良くないです。
一歩さがって見守ってくれるのが落ち着きます。

 

古臭い精神論や自分の考えを語られたり

「やる気があったら治せる」
「がんばれ」
「落ち込んでる場合じゃない」
「仕事しろ」
こういう言葉が一番きついです。

普通に接してくれるのが一番いいです。
こちらも変に気を使わなくていいし。

 

パートナーがいる場合

パートナーがいる場合は、積極的に話したり、相手が理解できるように話した方がいいと思います。やっぱり一番辛い時に力になりたいのがパートナーだと思います。

 お互いを理解し合う、支え合う意味でも、私が何度もご紹介している細川 貂々さんの『ツレがウツになりまして。』は非常に参考になると思います。
Kindle本、価格安くなってます!ブックオフでもも、探せば100円コーナーにあると思います。

最近の 私の場合

一人でいる時は気持ちも落ち着いてて、好きな時に好きなことができるのでストレスがほとんどないです。あとお金があればいうことありません。
私にはいっぱい行ってみたいところや、勉強したいことがあります。

発達障がいはやっぱり研究者タイプなのかも知れません。

 

こんな記事も書いてます