読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜明け前

ケダルイノ・サンダルビーチ 著

テロはなぜ起きるのか? 疑問に思ったのでまとめてみた

PR

(更新:7月15日)

80人超の命を奪ったフランス南部ニースのトラック突入テロ事件。

 一夜明けた15日の現場で、居合わせた目撃者は「約1000人もの人々が一斉に避難し、まるで『人の波』のようだった」と、当時の様子を生々しく振り返った。献花場に花やメッセージカードをささげ、犠牲者を悼む人々の姿も見られた。

1000人避難「波のよう」=犠牲者悼む人々―仏テロ現場 (時事通信) - Yahoo!ニュース

 

(更新:7月3日)

ダッカで7人の日本人がお亡くなりになったそうです。

心よりお悔やみ申し上げます。

ダッカ人質テロ 日本人7人の死亡確認 13人救出、IS系が犯行声明 (産経新聞) - Yahoo!ニュース

 

 

 

Paris

 

”パリ同時多発テロ”について思うこと

いつかフランスにも芸術鑑賞の旅に行きたいなと思っているので、 今回の事件は考えさせられました。

しかもテロが起きたのにコンサート会場が含まれていたのに驚きました 。

音楽を楽しむ場所でテロ・・・  

はっきりいって私は学がないので、 国際情勢の事も何故テロが起こるのか?

どうすればテロが無くなるのかなんてわからないアホです。 でも知りたい・・・

 

たくさんの人が亡くなりご冥福をお祈りします。

SNSで繋がっているパリの人も無事で何よりと胸を撫で降ろしました。

もちろん犠牲になった人に対しての想いはあります。

SNSで繋がっているパリの人も無事で何よりと胸を撫で降ろしました。

ご冥福を・・・

 

私はそこに強烈な違和感を感じています。

複雑極まりない感情です。

言葉にできない居心地の悪さ、気色悪さを感じます。

 

 テロは何故おこるのか?

無くならないのか?

彼らは何が目的なのか?

 

テレビでよく報道される

「我々はテロに屈してはならない」

っていうのに私は違和感を感じます。

やられたらやり返せで問題が解決する訳がない。

イスラム教徒は悪い奴らだ、だからイスラム教は悪い宗教だ。

そんな風に洗脳されていっているような気がする。

本末転倒

こういう一方的な報道が、

より一層テロの原因になっている気がしてならない。

報道に洗脳されてたまるもんか。

 

 

テロが起こる原因、ひとつ の”思想”

住んでいる世界を変える、勝者となるために戦争を起こしても負けてしまうのは明白なので、テロを起こしている。

突然都心部で無差別に大量虐殺をする。

9・11は歴史に刻まれるテロ。

テロの基本は自爆テロだ。

自らの命を捨て去ってまで何故彼らはテロを起こすのであろうか?

日本に住む我々にとっては不可思議で理解しがたいものである。  

 

イスラム教の教え

アメリカ同時多発テロの目的や原因とは?子供にもわかりやすい!なぜ9・11は起こったか?イラク戦争との関係をわかりやすくシリーズ | 50秒でニュースは読める

「ジハードで亡くなったものは神アッラーの元で暮らしていける」 分かりやすく解説すると 自分たちを攻撃する敵と戦い死んでしまっても、天国では幸せになる

 戦いで死んでも天国で幸せになれる

 

テロで死ぬ事は名誉な事となっています。

彼らは正義感でテロを行っているのである。

自分達のやっていることは100%正義だという考えです。

これは非常に恐ろしい思想。

また宗教の問題だけではなく貧困や国際的な摩擦が絡んでいます。

 

貧困問題の解決や生きる自由あれば、

テロはなくなるのでは?

と私は思っています。  

解決に至るまでには簡単なものではないでしょうが。

問題は貧困と生きることの自由がない、

未来がないということです。

人の心、異文化、異なる宗教を理解するようになってくると、

違いを否定するのではなく、

また別の価値観として受け入れることができます。

しかし、彼らが抱えている問題はそんな余裕などないのです。  

 

支配社会が彼らをテロに向かわせる

複雑な中東関係の摩擦、そこにアメリカがいっちょ噛みしている。

彼らの目的を達成するためには、

政治的な方法なんて何百年かかるかわからないので、

テロしかないのである。

誰かが世界を変えなければ

彼らの子孫はこれからもずっと貧しい地獄のような人生しかないのである。

歴史的な英雄になれると信じて、自分の命などむしろ欲しくないのかもしれない。

テロの背景には、宗教や民族、政治的対立による紛争、 克服されない貧困、脆弱な統治機構など、 さまざまな要因が複雑に絡み合っています。

 

テロも貧困もなくなって欲しい。

米軍もIS側に攻撃を行っている。

 

これが13日。

フランスでテロが起こったのは13日の夜。

人は生まれた国や思想が違うだけで全く違う人生を歩んでしまうことになる。

環境によって良い悪い、正義と悪は真逆になってしまう。

報道を見て疑問に思ったら自分で調べて考えることも大切です。

ご冥福をお祈りするだけでは気持ち悪いので、私なりにまとめてみました。

 

  「我々はテロに屈してはならない」

というのには違和感を覚える。

 

『屈してならない』の解釈が攻撃的なら武力行使は正当化されてしまう。

 

  (追記:2015年11月17日)

私はイスラム教徒が悪いとは全く思っていませんし、

そのように書いたつもりもありませんが、

一部そういった解釈をされた方がいたようなので補足させていただきます。

私の文章力なのさです、申し訳ありません。

 

イスラム教の教えを誇大解釈して一部の過激派がテロを起こしています。

それに対して各国が武力行使しているのも事実です。

どちらも一般市民にとっては恐怖でしかないです。

テロを起こすことで世界中の人々に恐怖心を植え付け、

不安にさせることは彼らの目的のひとつです。

 

(追記:2016年3月23日)