読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜明け前

天才ちゃん夜明けに眠る

スタバの面接を受けてみて気づいたこと

PR

スタバの面接を受けてみた話

f:id:tensaychang:20151012232651j:plain

(この写真はスタバではありませんが、めっちゃ好きなカフェです)

以前、スタバの面接を受けたことがありました。

年齢的に採用は厳しいだろうと思いましたが、なかなかない機会ですので勢いで応募してみました。やはりそこでしか聞くことができないお話を聞くことができました。

 

調査(笑)

広告の上手さやネットでの口コミ力、よく聞く店員の接客が素晴らしいという話などから興味を持ち、実際にお店に行きどういう雰囲気なのか探ってみました。なるほど引っ切り無しにお客様が来るし店員もフレンドリーな笑顔を絶やしません。動きも機敏です。これは流行るはずだ!と思いました。

 

スタバの面接

面接で質問されたことがあります。

「当店はコーヒーを売っていますが、本当は何を売っているか知っていますか?」

 

今思えば簡単なことだけど、その時は恥ずかしながらわかりませんでした。

皆さんは答えがわかりますか?

 

 

美味しいコーヒーではなく、空間を売っている。

ということでした。

 

なるほど、味ももちろんだけど、いくら料理やドリンクが美味しくても居心地の悪いお店には行きたくありません。快適で居心地がいい空間だと、友達と行けば会話が弾むだろうし、一人で行ってものんびり過ごすことができます。
お店の雰囲気の中に店員の接客態度も含まれます。声の出し方、言葉遣い、料理やドリンクの出し方などいろんなポイントがあります。いくら技術面が良くても笑顔がないとそれだけで印象は変わります。
お客様は商品価値以上にいろんな得を求めているんです。

 

目標設定を高くすれば見えてくる世界が変わる

おそらく目標が違うのだと思います。

目標が低いと『美味しいコーヒーを召し上がっていただく』という無難なところになると思います。これだと美味しいコーヒーを淹れる技術を磨けば達成できそうです。それでもきっと凄く大変でしょうね。

もっと目標を高くして『コーヒーを通じてお客様の人生を豊かにする』だとどうでしょう?コーヒーを美味しく淹れる以外にもいろいろと努力すべき点が見えてくると思います。

 

こういうお話はきっと検索したり本を読めば、当然のように得られる情報なのかも知れません。しかしあえて体験し、実際に人から話を聞くことによって鮮明に記憶に残ります。

 

ビジネスの付加価値は商品以外のところに付く。

ひとつ高い目標を持つことで人生も変わる。

 

 

PS:その後、わたしはレトロカフェのマネージャーとして別のお店で働きました。

スタバだとバイトから始めないといけなかったです。

興味本位もありましたが、スタバの内側を少し感じることができたのは収穫でした。