読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天才ブログ

オっパイナポーアポーペン

9月10日は世界自殺予防デー、16日までは自殺予防週間

命をつなぐ、逃げ場を作ることの大切さ

9月10日は世界自殺予防デー、16日までは自殺予防週間だそうです。新学期が始まるタイミングで再び学校に行かなければいけない。そういうことで自殺者が増える原因でもあるようです。大人の私でもこの季節の変化で8月終わり頃から先日までずっと体調が悪かったです。季節の変わり目は体調に気をつけないといけませんね。

 

年間自殺者数を調べてみました。

www.t-pec.co.jp

平成10年度がすごい。毎年3万人を超えている。そしてこれは自殺と確定された人数であって原因不明の変死を含めると見込み数は3倍以上にも膨れ上がるという。最近減少の傾向のようですがそれでも2万5千人以上です。

 

実のところ私も、『生きづらさ』に関するサイトの運営を担当していたことがあります。その期間の数年ですが、ゆっくり眠れなかった日々が続きました。なぜなら「いまから死にます」というような書き込みが頻繁にあったのです。こんなにも生きづらさを感じている人たちがいるんだと知りました。

 

 

8月26日に鎌倉市図書館がつぶやいたこのツイットが話題になっていました。中には、「学校行かずに図書館に 逃げてるなら、親や学校は探しているはずだ。連絡する必要があるのではないか?」というツイットも目にしました。しかし、ここで考えなくてはいけないのは学校に行きたくない子供の気持ちです。もし図書館に来たのに学校、または警察に連絡されたらどんなことが起こるでしょうか?学校の先生、もしくは警察が来て連れて行かれるかもしれません。そんな事になればその子供はどんな気持ちになりますか?

 

悩みを親や学校にも相談できず、じっと耐えている子供もいます。まずはあたたかく見守る、逃げ場を作ってあげることが大切です。子供の命を繋いであげてほしい。