読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天才ブログ

TENSAY Blog - マンガ・エンタメ・メンタル・ライフハック

アラフォーおっさんが17歳の時に聴いていた邦楽おすすめバンド(バンドブーム)

エンタメ

17歳、バンドやろうぜ世代が聴いていたおすすめバンド

けさぱささんがこんなエントリーをしていたので、私もペンを取りたいと思います。正確にはキーボードを叩く、です。正確には。


バンドブーム、まっ最中だった

愛読書は「バンドやろうぜ!」と「宝島」

f:id:tensaychang:20160928192103j:plain 

多感な時期に体験した音楽や文化って、大人になってからもずっと引きずるね。本当に面白いバンドがいっぱいあった。

Xはデビュー寸前っていう時代だった。

VANISHING VISION EXC-001

 

BLUE BLOODでデビューしたのが1989年か。

もちろんよく聴いていた。ビジュアルも面白かったし。

BLUE BLOOD

 

私が好きな13組のバンド(おまけ)を紹介する。

 

イモ欽トリオ

伝説の3人ブループ

エアドラム、エアシンセというパフォーマンスで時代を先取りしすぎた。

ポテトボーイズNo.1

 

さてここから本気で書くぜ!

 

BUCK-TICK

代表曲 JUST ONE MORE KISS

バクチク!

その名の通り髪の毛を逆立て、メンバーの一人は捕まり櫻井さんは美しすぎるし、とんでもないグループなのだ。

中でもこのアルバム SEXUAL ×××××! は好きだ。

SEXUAL XXXXX! (デジタル・リマスター盤)が出たらしいけどジャケットは昔のほうが好きなのでこちらを貼っておく。

SEXUAL XXXXX!

SEXUAL XXXXX!

 

中でもこの3曲は特別好きだなぁ。
BUCK-TICKらしいポップさと可愛さと爽快感がある。

  • EMPTY GIRL
  • FUTURE FOR FUTURE
  • SEXUAL ×××××!

ここだけの話だが、深夜だったが、以前私が勤めていた小さな音楽系の飲食店にBUCK-TICK!御一行様が突然現れて、お酒やら私が焼いたピザやらを召し上がっていかれました。お店に私一人だったのでロクな対応ができなかったけど、皆さん礼儀正しく、最後は櫻井さんからお礼の言葉を言われ、感激して「抱かれてもいい」なんて思っちまいました。どうにもならないロマネスク。

 

LA-PPISCH

代表曲 パヤパヤ

おっおっおっ イェーエ

日本にSKAいうジャンルを当時の若者に広めたバンド。

好きなアルバムはWONDER BOOK

MAGUMI・ 狂市・上田現のフロント3人が大暴れするのに対し、ドラム・雪好、ベース・TATSUが微動だにせずしっかりリズムを刻み続ける。なんともかっこいいバンドだ。

ワンダー・ブック

ワンダー・ブック

  • アーティスト: LA-PPISCH,杉本恭一,MAGUMI,上田現,金子幸充
  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • 発売日: 1988/09/21
  • メディア: CD
  • 購入: 1人 クリック: 3回
  • この商品を含むブログ (4件) を見る
 

 好きな曲ばかりなので3曲に絞るのはつらいが、この3曲でどうだろう。こんな曲を作っちゃうなんて、天才じゃないかなと思う。もしかして全部、現ちゃんの曲じゃないかな? 

  • おやすみ
  • 爆裂レインコート (胎児の夢)
  • タンポポ (Toys2)

ここだけの話だが、私が勤めていた飲食店にTATSUさんが来てくれてた。初めは全然気がつかずに、どこかで見たことある顔だなと思って喋ってたら「仕事で大阪に来てます」って言ってて、それからしばらくしてやっとTATSUさんだって気がついて非常に赤面した覚えがある。

MAGUMIさんとも、地元のDJイベントでお会することができた。すんごい緊張した。

 

ニューロティカ New Rote'ka

代表曲 チョイスで会おうぜ

俺たちいつでもロックバカ!

何故かハマってしまい、ファンクラブにも入ってしまったバンド。

チケット優先とか限定音源とビデオがあったと思う。

ボーカルのあっちゃんは、ピエロの格好で走り回ってステージから飛び降りて足を骨折するとかすごかった。あっちゃんの声もかっこいい。

コントみたいなのが入ってるのも好きだった。

ハーレム野郎

ハーレム野郎

 
  •  ア・イ・キ・タ
  • 夏・NANCY・16才
  • DANCE DE NEW ROTEeKA

2014年クラウドファンディング第2位の資金を調達し、映画『あっちゃん』を作ったのも記憶に新しい。

 

人生(ZIN-SAY!) → 電気グルーヴ

代表曲 エビなげハイジャンプ

奇妙な売れないテクノグループ

のちに電気グルーヴとなり「シャングリラ」で大ブレイクするという信じられない事態を巻き起こす。

SUBSTANCE V

SUBSTANCE V

 
  • バーバ パパ
  • 俺のカラダの筋肉はどれをとっても機械だぜ
  • 生ゴミ王2

歌詞の過激さとは裏腹に、サウンドはポップで聴きやすくまんまとダマされた。そして騙され続けている。ゲスという言葉を先取りしすぎたグループ。

捨て曲なしの 神デビューミニアルバム

662 BPM BY DG

662 BPM BY DG

 

私の無能感は電気グルーヴからはじまった。あんたいったい、なに人?

つながり眉毛にカトちゃんヒゲだ!

  • Shangri-La
  • 電気ビリビリ
  • ウィアー

 

筋肉少女帯

代表曲 日本印度化計画

なんとも奇妙なバンド名、世界観に衝撃を受けた。オカルトちっくな歌詞世界に蟻地獄のごとく引きずり込まれて私を離さなかった。俺をカレーにしてしまえ!

キノコパワーという曲のPVの冒頭に出てくるケラリーノ・サンドロヴィッチは大槻様をしのぐ危うさを醸し出している。

SISTER STRAWBERRY(紙ジャケット仕様)

SISTER STRAWBERRY(紙ジャケット仕様)

 

いい曲が多いので3曲に絞りがたいけど、これでどうだ。これでいいのだ。

いくじなしは何度聴いても魅了される。 

  • 少年、グリグリメガネを拾う
  • マタンゴ
  • いくじなし

 

バービーボーイズ(BARBEE BOYS)

代表曲 目を閉じておいでよ

高校の同級生の影響で聴き出した。そいつ一緒にバンドをやることになるのだが、当初は無謀にもバービーボーイズのコピバン(コピーバンド)をやろうとしていた。もちろん難しすぎてできなかった。

√5

√5

  • アーティスト: バービーボーイズ
  • 出版社/メーカー: ソニー・ミュージックダイレクト
  • 発売日: 2009/05/27
  • メディア: CD
  • 購入: 1人 クリック: 7回
  • この商品を含むブログ (5件) を見る
 

チャンス到来を聞いていた高校生にそんなチャンスは訪れなかったんだけど。

  • 暗闇でDANCE
  • ショート寸前
  • チャンス到来

あら、Amazon Musicで聴き放題じゃないか!

やるなAmazon!

バービーボーイズ ソングス

バービーボーイズ ソングス

 

 

米米クラブ(K2C)

代表曲 浪漫飛行

K2C! K2C!

無謀な高校生だったオレたちはバービーバーイズのコピバンをあきらめ米米をやろうということになった。このベースの音ってシンセ?シンセっていくらなの?30万?!とかになってシンセを持ってる女の子とかもいたけど、やっぱり音楽レベル的なところで無理!という話になった。

名曲名盤が多いのですがこのアルバムはよく聴きました。初期のアルバムは全部好き。

私は高校を出たあたりからどんどんブラックミュージックにはまっていくんですが、そのベースを作ってくれたグループっす。

K2C(完全生産限定盤)(DVD付)

K2C(完全生産限定盤)(DVD付)

 

好きな曲多すぎるんですが、これでどうだ。

Party Jokeっていう曲は1日中聴いても飽きないぐらいだ。

  • 美熱少年
  • Troubled Fish
  • Party Joke

 

ユニコーン(UNICORN)

代表曲 大迷惑

正確な話をすると高校の時はそんなに真剣に聴いてなかった。人気だったし聴かなくても耳に入ってきた。ユニコーンはサラリーマンを題材にした歌が多かったから、働くようになってから思い出してよく聴くようになった。 

ケダモノの嵐

ケダモノの嵐

  • アーティスト: UNICORN,阿部義晴,奥田民生,堀内一史,川西幸一,手島いさむ
  • 出版社/メーカー: ソニー・ミュージックレコーズ
  • 発売日: 1995/12/13
  • メディア: CD
  • クリック: 5回
  • この商品を含むブログ (70件) を見る
 

「いつも僕はひとりきり 風呂に入って寝るだけ」

何気に励まされる言葉。

ユニコーンは聴いてると文句なしに楽しくなる。

  • 働く男
  • スターな男
  • ホゲトボイン

 

ジュンスカイウォーカーズ JUN SKY WALKER(S)

代表曲 歩いていこう

ジュンスカ!

本当によく聴いた。

バンドやりたかったオレらはジュンスカをコピーすることにしたんだ。

ジュンスカ時代は一度もライブを観たことがなかったけど、和也がやってたジェット機というバンドでようやく生の声を聞くことができて、感涙で泣いた。声が好きすぎる。ドラムはユニコーンの川西さんだったし。

ひとつ抱きしめて

ひとつ抱きしめて

 

さらば愛しき危険たちよ君が輝きつづけるように(ミスチルみたいな曲)、つめこんだHAPPY、なんかも大好きなんだけど、高校の時よく聴いてた中で好きなのはこの3曲。

  • ひとつ抱きしめて
  • BAD MORNING
  • 全部このままで

 

ブルーハーツ

代表曲 リンダリンダ

このアルバムは全曲バンドでコピーしたんじゃないかな。

ブルーハーツを聴いて「これならできそう!」ってバンドを始めた。

シンプルで刺激的だった。

THE BLUE HEARTS

THE BLUE HEARTS

 
  • 終わらない歌
  • キスしてほしい
  • 青空

高校時代のバンドではその他、レピッシュカステラなんかもコピッてました。

 

RCサクセション

代表曲 雨上がりの夜空に

ブルーハーツやジュンスカが影響されたバンド、っていうことでさかのぼって聴いたらこっちに本格的にハマってしまった。まったく違う衝撃を受けた。

オーティス・レディングやサム・クックやジミ・ヘンドリックスを聴くようになった。

文化祭ではバンドではやらずにトランジスタ・ラジオを一人で弾き語りをした。

the TEARS OF a CLOWN

the TEARS OF a CLOWN

 

 派手な曲も好きだけど、絞り上げるような清志郎の声が好きだ。

  • Sweet Soul Music 
  • ヒッピーに捧ぐ
  • 夜の散歩をしないかね

 

ピンク・クラウド JOHNNY, LOUIS & CHAR 〜 PINK CLOUD

どんどん音楽のルーツを探って聴くようになって、チャーを聴くようになった。当時FM802でチャーさんがラジオ番組をやってたから、それで洋楽の音楽知識も増えていった。ハードロックだけじゃなくフュージョンの要素も強くて。ライブには本当によく行った。観まくりました。日比谷野音で観た時はかっこよすぎて震えました。

INDEX、このアルバムは本当によく聴いた。

INDEX

INDEX

 

はっきり言って、3曲とか全く選べない!全部好きだから。

  • Head Song
  • Why Aren't You Ready?
  • からまわり

 

有頂天

代表曲 心の旅

有頂天は別格で好きなバンドです。ケラさんからは精神的なところで影響を受けています。デタラメなことを真面目にやる。いい加減に生きているようで哲学がある。

私は真面目に考えすぎるところがあるので、「少しデタラメに、気を楽にして生きていこう」みたいに考えるようになりました。

初めてプロのバンドのライブを観に行ったのも有頂天だった。バナナホールに観に行った。初めてのライブハウスで緊張してたけど夢中で観てた。あまりの迫力に圧倒されてた。

影響されてヘンテコな曲を作ろうとかしてたけど、全く真似できなかった。何気に演奏力がかなり必要。変なところでブレイクするとか。

ケラさんは当時から健康という劇団をやってたり、ネタが中心のアルバムを出したりしてて、笑いのセンスもかなり影響された。関西ノリのコテコテの笑いが面白く無くなって、シュールな笑いが好きになっていった。

「なんか妙」っていうのが面白いんだ!みたいになってました。

当時はこのアルバムをよく聴きいた。スタジオ録音もかっこいいですが、このライブ盤はほんとうに何回も聴いたし今でもなんども聴いてます。

f:id:tensaychang:20160928172319p:plain

 

ポニーキャニオン時代の記念盤が発売中

有頂天 in CANYON YEARS 19861988 [DVD] 

有頂天も好きな曲だらけだけど、この3曲を。

  • FINE
    「天国いって恋をしよう そろそろ生きるのやめとこう
     生きてても死んでても 人は人 デタラメな哲学」
  • 僕らはみんな意味がない
    「僕らはみんな生きているもの 生きているものに意味はない
     そこに意味がある かな」
  • フューチュラ
    「おわりのはじまり ドーモアリガト ピース」
  • 愛のまるやけ
    「ありがとう 君は間違ってる」

愛のまるやけを初めて生で聴いた時、泣きました。

今年になってイベントでケラさんに握手とかしてもらって、久しぶりにすんごい緊張した。

 

やっぱバンドはいいなぁ。

 

メンバー募しゅーん

ほなまた!

 

こんな記事も書いてます

ROCKをコミックした上條淳士の世界はすげぇかっこよかった

変態で天才だと思った

天才だと思った


当サイトではGoogleアドセンス、その他のアフィリエイト広告を利用しています。